日焼けと乾燥でハリやみずみずしさを手放すことに

投稿日:

お肌にとって何よりもダメージを与えるのは、日焼けと乾燥です。

これがダブルで来ると皮ふは勢いをつけてサビついていき、ハリやみずみずしさを手放すことになります。

そうして「シミ」になります。

その様な後の祭り的なことにならないように、普段から「紫外線」に関して強い意識をもち、家を出る時にはパーフェクトに「紫外線」を阻止するために、「帽子」、「手袋」の着用はもちろんのこと、サンスクリーン剤をしっかりぬりこむことが不可欠になります。

夏はよくアセをかいて、それによってサンスクリーンジェルが取れがちになるので、ちょくちょく「日焼け止め」を塗り直すようにしましょう。

また、「目」は紫外線ダメージを記憶してしまうといいます。

そうして将来的に顔のあちこちに「しみ」が発生しまうそうです。

慣習的に家をでる時には紫外線対策用メガネをかける習慣をつけましょう。

あと、潤い不足については、乾燥肌になってしまうとうるおいある肌にすることがかなり難しくなります。

普段から、ローションやクリームをほどこしたら潤いを保つオイルなどでうすい保護膜のようにおおい、皮ふの潤い失ってしまわないようにおもてから確実に覆うってあげましょう。

美容って基礎化粧品も大事な事ですが、内側の部分から美しくしていくことが美容には一番いいと思っています。

ビタミンCやコラーゲンなどの、お肌に有効な成分を摂取します。

果物を摂取するとビタミンCを摂ることが出来ます。

あと今現在はコラーゲン鍋も普及していますし、ドリンクにもコラーゲンが配合されているので簡単に摂れるのです。

寒い時期は夕食に鍋を食べることが増えます。

コラーゲン豊富なとり肉とふんだんに入れて、そのスープで野菜を食べます。

お通じにも良いですし、何より低カロリーです。

ピリッとした鍋にすれば、汗をかくことが出来るので体内の老廃物が排出されます。

しっかりと毛穴が開いた状態で発汗できるので美容の為になると思います。

それから大豆食品も美容には良いので、お豆腐もたくさん食べると良いのではないでしょうか。

食のほかに、必ず毎晩お化粧をとる事も忘れないようにしましょう。

化粧を落とさないまま寝てしまったら翌朝には老けているとよく聞きます。

家に帰ったらまず化粧を流す事に心がけた方が良いと思います。

お肌を休ませることが大切なんですよね。

美容で重要な事って、沢山あるのですが質の良い睡眠をしっかりととることが一番大切なのではないでしょうか。

若い時期は、複数のメイクアップ商品や基礎化粧品を使ってみました。

ですが全く効果がありませんでした。

今思えば、それというのは、普段の生活に問題があったから。

夜遅くまで起きていたりしたので、ずっと寝不足な感じで生活を送っていました。

ベッドに横になって携帯を見る事も多々あり、ちゃんと眠れていなかったのかなと思っています。

だけど、この頃は夜遅くまで起きている事も体力的に出来なくなったのでちゃんと眠れるようになってきました。

眠る前に携帯電話をいじるようなこともしていません。

日付が変わる前には眠りについています。

そしたら、びっくりするほどお肌が変わってきました。

ハッキリと調子が良くなりました。

しっかりと眠るという事は、確実にお肌にいい影響をもたらすんだなと実感しました。

眠ってから三~四時間位でお肌を再生させるホルモン分泌が促されるというデータを見て、それを確信することが出来ました。

化粧品を色々と変えてみてもお肌の調子が良くならないという方は、睡眠を見直してみてほしいです。

質のいい睡眠をとるのは誰もが出来る一番良い美容法だと思っています。